ヤマギシリフォーム工業株式会社

ヤマギシリフォーム工業株式会社は、受入企業でもあり、理事としてもプロジェクトに参加している。品川に社を構え、165年の歴史を持ち、全国にマンション改修事業を展開している。2016年よりミャンマー実習生を受入いれている。

 

受け入れ企業のインタビュー

Q1.ミャンマー技能実習生の印象は?
性格はとても素直で、何事にも一生懸命に取り組む方が多い印象です。

Q2.ミャンマー人技能実習生の仕事ぶりは?
平成27年に受入れ始めてから、仕事ぶりも全く問題がないと聞いております。1日でも早く仕事を覚えて、現場で貢献したいという気持ちが表れていて、貪欲に仕事を覚えているという姿勢は評価されています。

Q3.ミャンマー人技能実習生の日本語能力は?
現地で半年間実習を積んでくるということで、日常生活に問題ないレベルで入社をされて、その後も当社としましては、月に2回日本語指導を行っております。
1度帰国して再入国・再入社をするためには日本語能力検定合格を必須としています(当社基準)。
日本語能力検定の資格を取るためと、仕事で職人の方とコミュニケーションを取っていくという意味でも、よく勉強して覚えていっています。

Q1.ミャンマー技能実習生の印象は?
日本語も、入国した時には話せないのですが、1~2年経つと会話に慣れてきます。
彼らが言いたいことが分かってきますし、彼ら自身も現場で日本語を話す機会が増えていますので、お互いジョークが言い合えるくらいの仲になれます。彼ら自身も変わったなというのと、僕自身も彼らへの接し方が変わってきています。

Q2.ミャンマー人技能実習生の良いところは?
彼らの笑顔は純粋です。
1つのこと、ちょっとしたことで楽しそうで、力になりたいと思います。
間違ったことを怒られてもすぐに謝るし、挨拶もきちんとしています。
仕事に関しては、真面目というか職人、プロフェッショナル志向で責任を持って仕事を全うすると感じています。

Q3.ミャンマー人技能実習生に将来期待する事は?
真面目で素直に仕事にも真剣に取り組むので、経験を将来活かして、塗装の仕事だけじゃなくても、ミャンマーに帰って仕事するでも、人を引っ張っていける人に育ってほしいと思います。